top of page
P1070453.jpg

​辰砂釉茶碗

辰砂釉は銅を含む釉薬で焼成条件で発色が変わります。​赤い色は登り窯の一室目の限られたところでしか焼くことのできない希少なものです。

P1070100.jpg

​黒釉茶碗

来待石(島根)を使って調合した黒釉の上に藁灰釉で山を書いた茶碗です。

P1070454.jpg

緑釉茶碗

辰砂釉を掛けて酸化焼成をすると緑色に発色します。

P1080840.jpg

海鼠釉茶碗

ナマコとは海に生息するナマコに模様が似ていることから名付けられました。

​黒釉の上にかかった藁灰釉が溶けて混ざり合い、流れ落ちることで生まれた景色です。

P1080838.jpg

藁灰釉茶碗

​藁灰釉は窯の中心部(最も高温な場所で)焼くことで溶ける釉薬です。

bottom of page