top of page
P1080291.jpg
P1080291.jpg

染め分け菓子器
藁灰釉とサビ釉をかけ分けた器です。線などを引かず
柄杓で描けるので自然な線が現れるのが特徴です。
 サビ釉は信楽の陶工が持ち込んだ釉薬で筆で塗ることで
錆びた模様が出る釉薬です。

P1080267.jpg

​藁灰釉輪花菓子器

轆轤で成形してすぐ指で口辺を凹ませることで花の形を表現した菓子器です。

P1080267.jpg
P1080188.jpg
P1080188.jpg

葉形菓子器

木の葉が落ちて朽ちたところを表現した菓子器です

代々が作り続ける器です。

bottom of page